目黒区にある当院はあなたのお話をしっかり伺い最適な施術を行う鍼灸院です。

杉岡鍼灸治療院


第21回 便利なモノにご注意!!

世の中、とても便利になりました。

電車やバスで移動時間は短縮され、その移動時間中には本を読んだり、スマートフォンやタブレットPCなどでニュースや動画を見たり、ゲームをしたりすることもできます。

インターネットの普及により、自宅に居ながら買い物もできますし、調べ物だってできます。

しかし、その「便利なモノ」の使い方によって、体に不調を訴える人が増えています。

パソコンが普及しはじめでもて少し経った頃、目の疲れ、肩こり、首や背の痛み、手や腕の痺れ、不安感、抑うつ症状を訴える人が増加してきました。

パソコンなどを長時間使用することにより、これらの症状が出ることをVDT症候群と言われるようになりました。

VDTとは「Visual Display Terminals」の頭文字をとっています。モニター画面やディスプレイを使用するIT機器全般を指します。

厚生労働省が平成14年に「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」を発表し、注意喚起をしました。

しかし、当日はスマホやタブレットPCなどの携帯型VDTは少なく、10年でここまで普及するとは考えていませんでしたので、このガイドラインも既に時代に即さない状況になっています。

また、このガイドラインは、労働環境を対象としており、日常生活については触れられていません。仕事以外でもVDTを使っている人が増え、それに合わせ、様々な不調を訴える人が急増しています。

人間の頭の重さは体重の8~10%あると言われています。体重50Kgの人ならば頭の重さは4~5Kgです。

画面を見るために頭を前方に傾けると、頭が倒れすぎないようにするため、首の後、肩、背中、腰へとつながる筋肉を緊張させて引っ張ります。

そして、その姿勢を長時間続けることにより、筋肉が固くなり血行も悪くなります。すると筋肉には老廃物が溜まり、その物質の中には痛みを感じさせるものもあります。

そこで、肩こりや首・背中・腰の痛みが発生します、ここで「これは良くない。使用を控えよう。姿勢に気をつけよう。筋肉を緩めよう」と意識し、対策をしていけばそれほど悪い状態まではいかないでしょう。

最近では、暇があるとスマホを覗く、仕事などで溜まったストレスをネットで解消しようとし、プライベートでも長時間使用してしまうことです。これでは体を酷使しっぱなしになってしまいます。

最近のスマホは画面の解像度が高くなりました。きれいな映像を見ることが出来ますし、細かい文字でも精細に表示されます。

そのために細かい文字を見ようと無意識に画面へ顔を近づけ、今まで以上に頭を前に倒しがちになります。

また、意外と気づいていないのですが、この頭の位置で何かに集中していると無意識に奥歯を噛みしめる人がいます。頭を前に倒すほど口は開きにくくなります。

更に、細かい文字を見ようとしたり、ゲームに熱中したりすると無意識に歯を食いしばっていることが多いのです。

歯を食いしばるときに使う咬筋や側頭筋などの咀嚼筋群も緊張してVDT症候群の症状が悪化する要因になります。パソコンやスマホを使っている時に奥歯を噛みしめていないか気にしてみてください。

もう一つ気にした方がいいことがあります。

それは睡眠への影響です。夜遅くまでついついスマホやタブレットで動画を見たり、SNSをしたり、電子ブックで読んだりなどしてしまうという方も多いのではないでしょうか。

これは単に夜更かしをして睡眠時間が短くなるという理由だけではありません。寝ながらスマホなどを使う人、座ったり立ったりの姿勢で使っている時よりも近くで画面を見ていることが多いと思います。

寝る直前に液晶画面などから発する光を近くで見ていると、睡眠ホルモンである「メラトニン」の分泌を妨げ、良質な睡眠が取れなくなるという報告があります。

このような状況を続けていると「サーカディアン・リズム」を狂わしてしまう原因になります。サーカディアン・リズムとは、睡眠や覚醒、ホルモンや体温、血圧などに作用し、整体の調子を整えます。

サーカディアン・リズムが崩れると、昼間眠くなり夜になって目が覚めるなど日常生活に影響をあたることになります。

もし、VDT症候群や睡眠不足が気になる方は、スマホなどの使い方を見直す必要があります。「便利なモノ」のために辛い生活にならないよう、上手な付き合い方をしていきましょう(自戒の念を込めて)。

杉岡鍼灸治療院のご案内

住      所:
〒152-0002
東京都目黒区目黒本町3丁目5-12
ファーレン目黒1F 
アクセス:
東急目黒線武蔵小山駅から徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
03-6303-1975
受付時間:
月火木 9:30~20:00
水金土 9:30~17:00
休診日:
日曜・祝日
学会・研修などにより臨時休診になる場合があります。
時間外の施術を希望される場合はお気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ