目黒区にある当院はあなたのお話をしっかり伺い最適な施術を行う鍼灸院です。

杉岡鍼灸治療院


第14回 暑い夏は秋バテに注意

今年の夏は記録的な猛暑になりました。東京の熱帯夜は観測史上最多を記録しました。その為、昼も夜も1日中エアコンを使ったり、冷たい物を食べたり飲んだりすることも多かったのではないでしょうか。

また、入浴もシャワーだけで済ませることも多くなります。現代社会では身体を冷やすことが多くなり、その為に夏の終わり頃から「だるい」「食欲がない」「何となく体調がすぐれない」「頭が痛い」といった夏バテの症状を訴える人が増えてきます。

今年のような猛暑ではエアコンを使わないと熱中症になったり、暑さで熟睡ができずに寝不足になったりすることもあるので使うことは必要です。外気温と室温の差は理想として5℃以内がよいとされています。

冷えが原因と思われる肩こりや腰痛が悪化した患者さん数名に伺ったところ、職場では男性や外回りの人の事を考えてエアコンの設定温度を低め(22~23℃)にすることが多いようです。それに加えエアコンの吹き出し口近くにいる人は更に身体を冷やしてしまいます。

熱帯夜では寝苦しくエアコンを付けたまま寝ることもあると思いますが、一晩中エアコンを付けたままでは身体が冷え過ぎてしまいます。身体は寝ている間は体温が昼間よりも下がります。だから、寝る時には身体が冷え過ぎないように布団を掛けます。しかし、暑く寝苦しい夜は何も掛けずに寝てしまうこともあるのではないでしょうか?

身体は体温が上がり過ぎたり下がり下がり過ぎたりしないように調節しています。その調整を行っているのが自律神経です。

体温が上がってくれば汗を出したり、末梢の血流量を増やしたりして熱を身体から逃がそうとします。逆に体温が下がれば熱をつくり始めます。

熱を作るにはエネルギーを燃やさなければなりません。エネルギーを使って体温を作るという体の働きは交感神経が活発に活動をはじめなければなりません。交感神経が活動を始めると末梢の血管を細くして血流を少なくします。

これにより身体から逃げていく熱を少なくできます。しかし、これは体の末端の血行不足を起こす原因になります。その為に、足が冷える、むくむ、肩がこるなどの症状が悪化するのです。

自律神経には交感神経に対してほぼ逆の作用をする副交感神経もあります。副交感神経はリラックスの神経や回復の神経と呼ばれます。

しかし、先に述べたように身体の冷えの為に昼も夜も交感神経が活発に働く事になってしまえば、副交感神経による身体回復の作用や消化吸収を行う胃腸の活動が弱まってしまいます。

交感神経と副交感神経はバランスよく、まるでシーソーのように働く必要があります。どちらか一方ばかりが活動していると身体の機能が損なわれ「未病」といわれる体調の不良の原因となります。

自律神経はシーソーのように動いてこそ役目を十分に発揮します。春先や秋口などの季節の変わり目は一日の気温の差が大きくなり、自律神経もその気候に影響されます。その為に自律神経の働きが弱っている人は上手く調節が出来なくなり体調不良を訴えるのです。この秋は猛暑や長引いた残暑により、更に悪化することが考えられます。

夏バテが長く続いているなと感じたり、今頃になって夏バテかと感じたりしている人は秋バテの可能性があります。その対処法としては冷たいものを多く摂らない、身体を動かして汗をかき、血行を良くすることが重要です。

身体を動かすほどの元気がないという人は、まずは入浴から始めてください。入浴は40℃までの温度で10分は浸かってください。

ポイントは入浴前に水分を摂ることです。常温以上の飲み物、出来ればお茶などがいいです。おすすめは生姜蕩です。生姜は身体を中から温めてくれ発汗作用もあります。

そして湯船に浸かっている時には出来るだけ深く大きな呼吸を意識して行ってください。これは呼吸に使う筋肉をしっかり動かすことにより代謝を上げ、肺の中の空気をしっかりと交換することが出来できます。更に緊張しすぎている交感神経を鎮め、低下している副交感神経を高める作用もあります。

これらを試してみても中々調子が良くならない人は、鍼灸治療で良い効果が得られると思います。鍼灸は皮膚や筋肉に刺激を与えることにより、血行を良くし、コリをとることはもちろんですが、自律神経に作用してバランスを整えることにも使われています。

秋バテや冷え症を持っている方にはお灸を使ってみることをおすすめします。お灸はたくさんの方法がありますが、当院では火傷の痕が残らないお灸を使用しています。

患者さんの中には鍼は苦手だけれどもお灸は気持ちがいいという方もいます。自宅で行う方法も指導しているので更に効果を実感している方もいます(古来、お灸は鍼灸師が患者さんに指導して家で行う事が主流でした)。

これからの冬にむけて風邪やインフルエンザがはやり始める季節ですから、今のうちから体調をしっかり整え、今年の残り3ヶ月を元気に過ごしていきましょう。

杉岡鍼灸治療院のご案内

住      所:
〒152-0002
東京都目黒区目黒本町3丁目5-12
ファーレン目黒1F 
アクセス:
東急目黒線武蔵小山駅から徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
03-6303-1975
受付時間:
月火木 9:30~20:00
水金土 9:30~17:00
休診日:
日曜・祝日
学会・研修などにより臨時休診になる場合があります。
時間外の施術を希望される場合はお気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ