目黒区にある当院はあなたのお話をしっかり伺い最適な施術を行う鍼灸院です。

杉岡鍼灸治療院


第6回 笑いと健康、いい人生

皆さん、最近思いっきり笑ったことはありますか?

特に心身の調子が今ひとつ良くないとか、疲れ気味であるとか感じている人はあまり笑っていないのではないかと思います。「笑う」ということは楽しかったり、気持ちに余裕があったりしないとできないと思います。

切羽詰った状況では周囲の人が笑っていたり可笑しいことを言っていたりしても、「うるさい」とか「そんな状態じゃない」と思ってしまうのではないでしょうか。例えば病気なってしまったとか、仕事や人間関係が憂鬱で仕方がないとか色々あると思います。逆の視点で考えると、笑うゆとりがないほど忙しかったりするために、病気や憂鬱になってしまうのではないでしょうか。

近年、「笑う」ことによって色々な病気の回復に役立つということが報告されています。
1979年にアメリカのジャーナリストであるノーマン・カズンズが自ら患った膠原病からの回復について綴った「Anatomy of an Illness as Perceived by the Patient」(日本題「笑いと治癒力」岩波書店、1996年)の中で、治療方法の一つして「笑い」を取り入れることが回復に関ったと記しています。

日本でも色々と「笑い」が病院や治療に取り入れられるようになって来ました。笑うことによりNK細胞という免疫力に関る細胞が活発になったり、血糖値が下がったり、リウマチなどの痛みが和らぐなどの報告がされています。

群馬のある病院では院長自らが噺家として、月に一度病院内で寄席を開き入院患者さんたちへ落語を行い笑わせています。その時に落語を聞く前と後で血液を採集して調べると、良い状態へ変化していることがわかりました。患者さんたちが楽しかった、面白かったと感じることにより気分が明るくなり、前向きな姿勢に変化していくことも重要な「笑い」の効用といえるのではないでしょうか。

病気になれば誰しも気が滅入ることが普通だと思います。気が滅入ると良くない方へと考えがいってしまい、それによりストレスになりやすく更に身体を弱らせてしまいます。「病は気から」といわれる所以ではないでしょうか。

では、気持ちを明るく持っていれば病気にならない、治るのかというと絶対とは言えません。しかし、前向きに考え行動することで例え病気や困難な状況であってもいい人生を送る条件にはなると思います。

櫻木健古氏は著書『「笑い」の力が人生をひらく』の中で「人間は真面目でなければならないが、笑いと真面目は矛盾するものではない」と言っています。笑いやユーモアは心にゆとりを作ります。逆にゆとりがないと笑いやユーモアは出てこないとも言えます。

人間はゆとりがなくなると心身ともに参ってきてしまいます。ゆとりをなくす原因となったものから逃げて解決できれば良いのですが、逃げられるものばかりではなく、また、逃げてばかりでも良いとはいえません。困難な状況から得られるものも多くありますし、克服することで得られるものもあるからです。

しかし、心身ともにゆとりのない状況が続けば病気にもなるし、生きること自体嫌になってしまうかもしれません。そんなときにこそ、「笑い」というゆとりを作る動作を取り入れることが必要になるのだと思います。

苦しいときに笑うなんて出来るものかと思うかもしれません。確かに、自分が大変な状況にあるときに周囲の人が楽しそうにしていると、反発心を持つこともありますし一緒に笑うなんてできないかもしれません。

でも、人間の脳細胞に「ミラー細胞」という神経細胞があるのではないかということがわかってきました。このミラー細胞は「鏡細胞」とも言われ、相手の行動を見ているとその見た行動と同じ脳の反応を起こさせる細胞です。例えば、ケガをした家族や友達をみて、可哀想とか痛いだろうにと思う気持ち、共感する気持ちの一役を担っているというのです。

この反応は「笑い」でも起こります。例えば、母親が赤ちゃんに対して笑いかけていると段々と赤ちゃんも笑ってくるという反応です。この反応は大人に対しては、様々な精神や感情が作用するので赤ちゃんに行うように単純には起こりませんが、それでも起こらないわけではありません。

ですから、困っている人や大変な状況にある人がいるときには、周囲の余裕のある人が笑いかけることが良いのだと思います。自分が大変なときには、視点を切り替え笑えるくらいの余裕を持つことがいい生き方(人生)に繋がるのではないでしょうか?

杉岡鍼灸治療院のご案内

住      所:
〒152-0002
東京都目黒区目黒本町3丁目5-12
ファーレン目黒1F 
アクセス:
東急目黒線武蔵小山駅から徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
03-6303-1975
受付時間:
月火木 9:30~20:00
水金土 9:30~17:00
休診日:
日曜・祝日
学会・研修などにより臨時休診になる場合があります。
時間外の施術を希望される場合はお気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ