目黒区の予約優先、土曜営業、休診日・時間外も応相談の鍼灸院。

杉岡鍼灸治療院


第1回 人と自然

●人と自然
自然と言うと何を思い浮かべるでしょうか?人それぞれ「自然」に対してイメージすることや受け止め方、考え方があると思います。「自然」と言う言葉を辞書で調べてみると、「作為の伴わないさま」、「人工によらないで成り立っているさま」、「人間の力では、どうにもする事が出来ない状態」、「山川草木その他すべての有形的現象」、「認識の対象となる外界のいっさいの現象」等々と記載されています。

 自然は我々を取り巻く現象であり、生物、無生物に関係なく存在しているもの全てと言えます。自然なくしては生きていく事が出来ません。逆に自然によって死んでしまうこともありますが、ここでは、人間が恩恵を受けている自然について考えていきます。

人も自然の一部であることは確かなことです。しかし、自然の一部である人間が作り出した文明(近代都市)が自然そのものを損ない、快適(と思える様)な生活環境を作り出したつもりで逆に害をなしています。

なぜ、良かれと思って作り出した人工的な環境が悪影響を招いているのでしょうか。これについては、次の2人の考えが参考になります。生理人類学者の佐藤方彦氏は「人間は人間となってからの500万年の間、人間が生活してきたのは自然環境でした。(中略)人間の生理機能は、脳も、神経系も、筋肉も、肺も、消化器も、肝臓も、感覚系もすべてが自然環境のもとで進化し、自然環境用に作られています」と述べています。

加えて、「人類は森から生まれた。霊長類の仲間として森に住み始めたのは約6000万年前のことであった。さらに、猿人、原人、旧人、新人と続く進化の過程を通して、森は人間の体質に深く刻み込まれてきたはずである」とも述べています。

 また、独立行政法人森林総合研究所の宮崎良文氏は「仮に、産業革命以降を、都市化・人工化された環境と仮定した場合、人間は500万年前にヒトとなって以来、その99.99パーセント以上を自然環境下で過ごしてきたことになる。人工化の始まりを、農耕と牧畜の始まった1万年前と仮定してみても、約99.8パーセントを自然環境下で生活してきたのである。その間、進化という過程を経て、今の現代人となった」と述べています。

 人間はその自然にあった活動をする体を持っているということです。人間だけではなく生物は、適応能力や補正能力を持っています。その許容範囲を超えてしまうと体調を崩して、回復せずそれが続くと深刻な状態に至るのです。どうやら人間はまだ、都市化や近代文明に対応した進化ができていないようです。

●ストレスとリラックス
ストレスは心拍数増加や血圧上昇、呼吸量の増加、消化の抑制などを起こします。リラックスはこれの逆が起こる状態です。ストレスもリラックスも人間には必要でこのバランスが重要になってきます。ですから、過度のストレスやストレスの状態が続くと体調不良が起きますし、リラックスの状態ばかりでもアレルギーなどの症状が出ます。人はストレスの悪い影響の方を意識しやすく、だから人は休んだりリラックスしたりして、ストレスから開放されたいと思うのではないでしょうか。

ストレスの原因ですが空気、水、音、光、気温、湿度、人間関係などがあります。その中でも「テクノストレス」と呼ばれるものがあり、人間が仕事や生活に利便性や効率性を求めて作った技術(テクノロジー)がストレスを与えています。

その大きなもののひとつとして、コンピュータや携帯電話があります。当初、これらが作り出された時は、便利になり時間にもゆとりが出来ると言われていました。しかし、現状は逆になっています。本来、人の生活を豊にするテクノロジーが、ストレスの原因になってしまい人間を困らせています。

その様にストレスを感じている時に自然に触れると、人はほっとしてリラックス感を得るのだと思います。僕にも経験があり、それは以前、仕事で山梨県の道志村に居た頃の事です。仕事で長い時間パソコンに向かって企画を考え段々と煮詰まったり、人間関係などで考えが悪い方向へ堂々巡りが始まった時に、森に入り歩いていると、いい発想や良い捉え方が出来ました。そして、何よりも力が湧いてくるような感覚を得られる事が多かったのです。

これは多くの人にも当てはまるようで、最近の自然への関心の高まりと自然志向からも伺えます。特に都会に住む人ほど強く求めているようで、リラクゼーションや癒しなどの言葉もよく聞かれます。

●100%の自然と抽出された自然の違い
さて、リラックスの方法の一つとして森林浴があります。前出の宮崎良文氏は森林浴の何が良い効果をもたらす要因になっているのかを実験しています。その結果から匂い(香り)や視覚、触覚などである事がわかってきました。

しかし、僕は、森などの実際の自然に触れて得られる効果と、室内で匂いだけ、音だけ、映像だけを使って得られる効果に違いがあると思います。

その大きな違いの原因は、自然が持つ「生命力」です。ハイビジョンカメラやデジタル音響機器(デジタル技術は0と1に分解されてしまいます)があっても、生命力までは出せません。生命力を感じ触れ、自分の体内に取り込んだとき、その効果が最大になると考えます。

最後に、文明に対して警鐘を鳴らした田中正造翁(1841-1913年、足尾鉱毒問題に半生をかけて取り組んだ人物)の言葉で終わります。

 「世界人類の多くは、今や機械文明というものに噛み殺される。
  真の文明は山を荒らさず、川を荒らさず、村を破らず、人を殺さざるべし」

杉岡鍼灸治療院のご案内

住      所:
〒152-0002
東京都目黒区目黒本町3丁目5-12
ファーレン目黒1F 
アクセス:
東急目黒線武蔵小山駅から徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
03-6303-1975
受付時間:
月火木 9:30~20:00
水金土 9:30~17:00
休診日:
日曜・祝日
学会・研修などにより臨時休診になる場合があります。
時間外の施術を希望される場合はお気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ